2012年01月26日

【WinXP】ドライブを変更する

こんばんは。今日も元気に残業中のオバサンです。

さて、今日は今しがた困ってしまったことについてお話します。
宜しければお付き合い下さい。

とある処理をするためにUSB接続のフロッピーディスクを見なくては
いけなくなりました。…イマドキ?とか言わないで下さいよ。アハハ
ところがその処理はフロッピーは「Dドライブ」と決めつけている
なんとも厄介なものだったのです。

通常ドライブの文字(ドライブレター)を変更する場合は、
「コントロールパネル→パフォーマンスとメンテナンス→管理ツール→
コンピュータの管理→ディスクの管理」で変更をしたいドライブを
右クリックすると変更できるのですが、今回FDDはそのリストに
出てきません。困りました。

コマンドプロンプト上からSUBSTを用いて、無理矢理Aドライブが
塞がっている状態にしても回避できません。いろいろ調べて解決です。


今回の例は、Aドライブと認識されているものを無理矢理Dドライブに
置き換える方法です。レジストリをいじりますので、以下は自己責任で
お願いします。

まずAドライブを認識させましょう。つまりUSBをパソコンに接続します。
その状態で、スタートボタンを押すと出てくる「ファイル名を指定して実行」
を選択し、レジストリエディタを起動します。regeditと入力してEnterですね。

表示されたウィンドウの中の文字列から
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\MountedDevices
を探します。するとズラリと暗号のような文字列が右側に表示される方も
いるでしょう。それをスクロールして、下の方に行くと
\DosDevices\A:
という文字列があるはずです。
その文字の上で右クリックし「名前の変更」を選びます。するとその文字列が
編集できるようになるので、Aを今回希望しているDに書き換えます。
\DosDevices\D:
こんな風に。

そしたらこのレジストリエディタを閉じましょう。
さらにUSB接続しているものを一旦抜きましょう。
そして再度刺すと…変わっているはずです。

検索していくと、この方法はUSB接続のFDDのみならずSDカードなど
前述の画面で出てこない媒体に対して有効で、ドライブが変更できる
ようです。困ったら試してみて下さいね。

以上、しまねでした。


posted by しまね at 21:46| Comment(3) | TrackBack(0) | HowTo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MSがフロッピの面倒見ません宣言してから搭載されてる機種がなくなりましたね。
光学ドライブが逝った場合FDDから起動出来ないって考えるだけで心配(笑)
今時の人はMemTestなんかもどうしてるんでしょうかね。
うちは「B」指定してあります。
Posted by POKO at 2012年01月26日 22:40
お久し振りです。
usbメモリをfdd化だと都合が悪いのかな

Memtest86+のusbメモリ用はありますね
自作系のマザーに入っている物もあったりします。
Posted by おまけ at 2012年01月28日 15:10
>>POKO さん
うち(会社)のPCのFDDはよくあるAドライブです。
前述のPCは私のではないため、今日に至っても全く使っていません。アハハ

>>おまけ さん
あらま、もんのすごくお久しぶりです♪
なんだか既にインストールされてあるPC限定かつ
FDD限定のふる〜いものだったんです。
Posted by お返事しまね at 2012年02月01日 11:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。